home 街ピタ ピタットハウス

住みたい街の暮らしデータ

全国806自治体の「暮らし情報」をお届け!

福島市

花もみもある福島市 いで湯とくだものの里ふくしま くだものの宝石箱ふくしま市 福島市は盆地特有の気候や風土を生かした四季折々のくだものが楽しめ、また明治時代に建てられた芝居小屋「旧廣瀬座」が保存される民家園や全国的にも珍しい縄文時代のむらあと「宮畑遺跡」があるほか、サッカーJ3クラブ「福島ユナイテッドFC」のホームタウンであるなど、文化やスポーツを育むまちです。

● 都市宣言
核兵器廃絶平和都市宣言 交通安全都市宣言 平和宣言 ゆとり宣言 地球環境の保全宣言
● 友好・姉妹・親善都市他
東京都・荒川区 長崎県・長崎市 山口県・山口市 オーストラリア・クイーンズランド州ブリスベン市 青森県・青森市 秋田県・秋田市 岩手県・盛岡市 宮城県・仙台市 山形県・山形市 埼玉県・さいたま市

基本データ

市区役所所在地 福島市五老内町3-1
公式ホームページURL http://www.city.fukushima.fukushima.jp/
総人口 292,590人
人口増減率(2005年/2010年) 98.4%
物産・名産物 柚子まんじゅう 麦せんべい いかにんじん(郷土料理) 円盤餃子 さくらんぼ もも なし りんご ぶどう こんにゃく 凍豆腐 温泉玉子 土湯こけし
主な祭り・行事 信夫三山暁まいり(2月10〜11日) ふくしま花火大会(7月上旬または8月初旬) 福島わらじまつり(8月上旬) 飯坂けんか祭り(10月上旬) 福島稲荷神社例大祭(10月上旬) 岡山の水かけ祭り(10月下旬) 大波の三匹獅子舞(10月上旬) 金沢の羽山ごもり(旧暦11月) 松川提灯祭り(10月第2土曜日曜)
出身著名人 佐藤B作 梅沢富美男 室屋義秀 荻原美樹子 高倉麻子 和合亮一 古関裕而
市区独自の取り組み 市民活動活性化支援事業(市民協働の担い手である「市民活動団体」の自立および活動の活性化と拡充を図るため補助金の交付を行う) ももりんシルバーパスポート事業(75歳以上の方を対象に、市内路線バス及び飯坂電車の無料乗車証を交付) 「こんにちは赤ちゃん応援隊」による乳児全戸訪問事業実施、「ふれあい訪問収集事業」(家庭ごみを集積所に出すことが困難な高齢者又は障がいを持つ方々に対し、家庭ごみを戸別に訪問して収集し、併せて安否確認する) 工業団地の用地取得費を最大50%助成
ふるさと納税に関する取り組み

住まい・暮らし

公共料金

ガス料金(22㎡使用した場合の月額) 福島ガス:5152円
水道料金(口径20mmで20m3の月額) 福島市:5173円
下水道料金(20m3を使用した場合の月額) 福島市:2808円
住民票交付手数料 300円

ゴミ・インフラ

家庭ごみ収集 無料
※透明袋使用。
指定ゴミ袋の価格 市場価格
家庭ごみの分別方式 5分別13種〔可燃ごみ 不燃ごみ 資源ごみ(カン類、ビン類、ペットボトル、プラスチック製容器包装、紙パック、段ボール、新聞紙・チラシ、雑誌・本、その他の紙製容器包装) 使用済小型家電 粗大ごみ〕
粗大ごみ収集 あり
※事前申込制。60cm以上200cm未満、重さ10kg以上100kg未満。

安心・安全

ハザード・防災マップ http://www.city.fukushima.fukushima.jp/soshiki/40/kasen12032207.html

育児・健康

結婚・育児

子育て関係の独自の取り組み こんにちは赤ちゃん応援隊(市内にお住まいの赤ちゃんとお母さんが健やかに毎日を過ごせるよう、生後2ヶ月ごろの赤ちゃんがいる家庭を訪問。応援隊の皆さんは、地域の身近な子育て支援者として研修した後、市が委嘱した子育てに関心の高い方で、地域の子育て支援情報を提供しながら悩みを傾聴する。また、必要に応じて地区担当保健市につなぐ)
乳幼児・子供医療費助成 通院 対象年齢 18歳3月末まで
自己負担 自己負担なし
所得制限 所得制限なし
保育所入所待機児童数 96人

教育

乳幼児・子供医療費助成 公立幼稚園数(国立を含む) 23個
私立幼稚園数 19個
小学校 小学校数 53校
公立小学校1学級当たりの平均児童数 21.20人
中学校 中学校数 23校
公立中学校1学級当たりの平均生徒数 26.10人

※提供データには細心の注意を払っておりますが、調査後に変更がある場合があります。 最新の情報につきましては各市区役所までお問い合わせください。
(データ提供:生活ガイド.com)

page top