home 街ピタ ピタットハウス

住みたい街の暮らしデータ

全国806自治体の「暮らし情報」をお届け!

杉並区

支えあい共につくる 安全で活力あるみどりの住宅都市 杉並 杉並区は、東京23区の西部に位置し、地名は、江戸時代の初め、領地の境である青梅街道に沿って植えられた杉並木が由来となっています。杉並木はなくなりましたが、村名、町名として採用され、1932年の区制施行を経て現在に至っています。関東大震災以降、文化人や学者が多数移住し、緑豊かな住宅都市として発展。2015年4月1日現在の総人口(外国人含む)は54万9,998人で、用途地域図でも住居系が約85%を占める住宅都市です。

● 都市宣言
杉並区平和都市宣言 杉並区男女共同参画都市宣言
● 友好・姉妹・親善都市他
北海道・名寄市 群馬県・東吾妻町 韓国・ソウル特別市瑞草区 オーストラリア・ウィロビー市

基本データ

市区役所所在地 杉並区阿佐谷南1-15-1
公式ホームページURL http://www.city.suginami.tokyo.jp/
総人口 549,569人
人口増減率(2005年/2010年) 104.0%
物産・名産物 -
主な祭り・行事 4月 善福寺川桜まつり 高円寺びっくり大道芸 5月 ハロー西荻 6月 久我山ホタル祭り 8月 阿佐谷七夕まつり 東京高円寺阿波おどり 10月 阿佐谷ジャズストリート すぎなみ舞まつり 11月 すぎなみフェスタ 荻窪音楽祭 高円寺フェス トロールの森 大田黒公園紅葉ライトアップ 2月 高円寺演芸まつり 3月 杉並演劇祭
出身著名人 田中裕二(爆笑問題)
市区独自の取り組み 20〜30代の若者を対象とし、ハローワークと一体運営する「若者就労支援センター」の設置。保育園待機児童の解消に向け、区保育室や認証保育所の増設。保護者へ保育サービス全般の相談・案内をきめ細やかに行う「すぎなみ保育コーディネーター(保育総合相談窓口)を開設。経済的な理由などに関わらず、子どもたちが異文化や自然に触れる交流会などに参加できるよう支援する「杉並区次世代育成基金」を創設。高齢者のお宅を訪問し、関係作りと支援を行う「安心おたっしゃ訪問」を実施。
ふるさと納税に関する取り組み

住まい・暮らし

公共料金

ガス料金(22㎡使用した場合の月額) 東京瓦斯(東京地区等):3898円
水道料金(口径20mmで20m3の月額) 東京都水道局:2764円
下水道料金(20m3を使用した場合の月額) 東京都下水道局:2030円
住民票交付手数料 200円
※窓口300円。

ゴミ・インフラ

家庭ごみ収集 無料
※一時的に多量排出する場合は、有料。
指定ゴミ袋の価格 指定ごみ袋なし
家庭ごみの分別方式 3分別〔可燃ごみ 不燃ごみ 資源(びん・缶、プラスチック製容器包装、ペットボトル、古紙4種類)〕
粗大ごみ収集 あり
※最大辺が概ね30cmを超え、1.8m以下の大きなごみ。

安心・安全

ハザード・防災マップ http://www2.city.suginami.tokyo.jp/top/guide.asp?guide=7

育児・健康

結婚・育児

子育て関係の独自の取り組み (1)「杉並子育て応援券」事業(就学前児童のいる家庭に子育てサービスに利用できる応援券を交付し、応援券を利用して子育て家庭が地域と関わりながら子育てできるまちづくりを目指す。出生時4万円分、0〜2歳児に年間2万円分の無償応援券を交付。0〜5歳は年間2万円分の有償応援券(1冊1万円分のチケットが3000円)を購入できる)(2)「子どもセンター」(区内5か所の保健センター内に設置し、母子保健事業と連携して、保育の入園相談を含む子育てサービスの利用者支援を行う)
乳幼児・子供医療費助成 通院 対象年齢 中学校卒業まで
自己負担 自己負担なし
所得制限 所得制限なし
保育所入所待機児童数 42人

教育

乳幼児・子供医療費助成 公立幼稚園数(国立を含む) 6個
私立幼稚園数 40個
小学校 小学校数 43校
公立小学校1学級当たりの平均児童数 26.40人
中学校 中学校数 32校
公立中学校1学級当たりの平均生徒数 30.70人

※提供データには細心の注意を払っておりますが、調査後に変更がある場合があります。 最新の情報につきましては各市区役所までお問い合わせください。
(データ提供:生活ガイド.com)

page top