home 街ピタ ピタットハウス

住みたい街の暮らしデータ

全国806自治体の「暮らし情報」をお届け!

小千谷市

〜ひと・技・自然〜 暮らして実感 地域の宝が輝くまち おぢや 小千谷市は、新潟県のほぼ中央、日本一の大河信濃川により形成されたまちです。美しい山河に恵まれた、文化の香りゆたかなこのまちには、どこよりも、自然と人、人と人が、互いに高めあい協奏しあいながら、育んできた伝統があります。

● 都市宣言
非核平和都市宣言 健康づくり都市宣言 克雪都市宣言
● 友好・姉妹・親善都市他
東京都・杉並区 福島県・南相馬市 茨城県・日立市 千葉県・浦安市 岩手県・久慈市

基本データ

市区役所所在地 小千谷市城内2-7-5
公式ホームページURL http://www.city.ojiya.niigata.jp/
総人口 38,600人
人口増減率(2005年/2010年) 96.6%
物産・名産物 へぎそば 日本酒 魚沼産コシヒカリ 米菓 味噌 醤油 小千谷縮 錦鯉
主な祭り・行事 おぢや桜まつり 船岡公園まつり おぢやまつり 片貝まつり おぢや風船一揆 牛の角突き 二荒神社祭礼 ほんやら洞まつり
出身著名人 西脇順三郎(詩人・英文学者) 西脇済三郎(元太陽生命社長) 佐藤弥太郎(元京都大学名誉教授) 井佐英徳(バイアスロン選手、オリンピック4回連続出場) 久保田三知男(ノルディック複合選手、オリンピック2回連続出場) 廣井法代(スキー選手、オリンピック3回連続出場) 山本容子(歌手) 小林麻耶(フリーアナウンサー) 小林麻央(タレント)
市区独自の取り組み 錦鯉を「市の魚」に制定 小千谷市「中越大震災の日」を定める条例(2004年に発生した新潟県中越大震災の経験と教訓を継承し、防災意識を高め、市民一人ひとりが安全、安心に対する誓いを新たにする日として、10月23日を中越大震災の日と定める)
ふるさと納税に関する取り組み

住まい・暮らし

公共料金

ガス料金(22㎡使用した場合の月額) 北陸瓦斯(新潟地区):3641円,北陸瓦斯(川口地区):3700円
水道料金(口径20mmで20m3の月額) 小千谷市:3261円
下水道料金(20m3を使用した場合の月額) 小千谷市:3240円
住民票交付手数料 300円

ゴミ・インフラ

家庭ごみ収集 有料
指定ゴミ袋の価格 極小(5リットル)=5円/枚 小(10リットル)=10円/枚 中(25リットル)=25円/枚 大(45リットル)=45円/枚 (税込)
家庭ごみの分別方式 10分別〔可燃ごみ 埋立ごみ 飲食用カン・ビン・化粧品ビン プラスチック製容器包装 ペットボトル 新聞紙 雑誌・チラシ類 ダンボール 有害・危険物 粗大ごみ〕
粗大ごみ収集 あり
※不燃粗大ごみ処理券(100円)を貼付し、ステーションに搬入。(可燃粗大ごみを除く)

安心・安全

ハザード・防災マップ http://www.city.ojiya.niigata.jp/life/1/9/40/

育児・健康

結婚・育児

子育て関係の独自の取り組み (1)紙おむつ用ごみ袋交付(紙おむつ用ごみ袋として月10枚(市指定小)交付。[3歳未満の子どもの保護者])(2)ベビーファースト運動(妊産婦・1歳程度の乳児の保護者を対象に事業所・公共施設等での優先駐車スペースの確保など)(3)妊婦訪問指導(妊娠届出をした妊婦全員を対象に助産師が訪問。妊娠中の不安等の相談や健康状態のチェック、乳房手当の指導などを行う。)(4)先天性股関節脱臼検診(生後3ヶ月の乳児を対象に市内医療機関でのレントゲン検査無料受診票を交付。)
乳幼児・子供医療費助成 通院 対象年齢 中学校卒業まで
自己負担 自己負担あり
所得制限 所得制限なし
保育所入所待機児童数 -

教育

乳幼児・子供医療費助成 公立幼稚園数(国立を含む) -
私立幼稚園数 1個
小学校 小学校数 8校
公立小学校1学級当たりの平均児童数 21.40人
中学校 中学校数 5校
公立中学校1学級当たりの平均生徒数 24.60人

※提供データには細心の注意を払っておりますが、調査後に変更がある場合があります。 最新の情報につきましては各市区役所までお問い合わせください。
(データ提供:生活ガイド.com)

page top