home 街ピタ ピタットハウス

住みたい街の暮らしデータ

全国806自治体の「暮らし情報」をお届け!

能美市

海山川の恵みと人が輝くやすらぎのまちづくり 能美市は、日本海と能美丘陵、手取川に囲まれ、海・山・川の豊かな自然環境に恵まれた市です。国内有数の先端産業を集積し、県内産業の中心的機能を担っています。また、伝統工芸の九谷焼や歴史ある辰口温泉、能美古墳群など多様な歴史・文化を有します。

● 都市宣言
● 友好・姉妹・親善都市他
ロシア・シェレホフ市

基本データ

市区役所所在地 能美市来丸町1110
公式ホームページURL http://www.city.nomi.ishikawa.jp/
総人口 48,680人
人口増減率(2005年/2010年) 103.1%
物産・名産物 九谷焼 加賀丸いも 加賀丸いも焼酎「のみよし」 コシヒカリ 国造ゆず ごはんば〜が ゆず湯入浴剤 清酒「夢醸」「農口」
主な祭り・行事 九谷茶碗まつり 九谷陶芸村まつり 根上り七夕まつり 辰口まつり ほっこりまつり 古墳まつり
出身著名人 犬丸徹三(実業家) 二代浅蔵五十吉・武腰敏昭(陶芸) 加賀大介(作詞家) 佐々木守(脚本家) 森喜朗(元首相) 浅井祥仁(ヒッグス粒子発見東京大学教授) 松井秀喜・高木京介(野球) 鈴木雄介(競歩) 小堀勇氣(競泳) 藤田誠(アートディレクター) 杉田知洋江(写真家) 多嶋沙弥(タレント) ハンディやしき(タレント) 吉野悠我(俳優)
市区独自の取り組み 18歳までの医療費保険診療分の自己負担分を助成しているほか、県内で唯一、妊娠・出産のために生じた医療費を助成している。がん検診で、集団検診を無料とし、医療機関検診では肺CT、胃カメラ、39歳で胃のABC分類検査等種類を充実して実施している。特定健康診査では、40歳の受診料を無料としている。76歳で脳の健康度チェックを実施している。また、総合受診券としてがん検診、特定健康診査、若年者対象の健診が受診できる。成人の各種検診で健診ポイント引き換え券を配布している。
ふるさと納税に関する取り組み

住まい・暮らし

公共料金

ガス料金(22㎡使用した場合の月額)
水道料金(口径20mmで20m3の月額) 能美市:2376円
下水道料金(20m3を使用した場合の月額) 能美市:3024円
住民票交付手数料 200円

ゴミ・インフラ

家庭ごみ収集 有料
※指定ごみ袋有料。
指定ゴミ袋の価格 大=250円/10枚 小=200円/10枚 プラ=130円/10枚
家庭ごみの分別方式 4分別〔可燃ごみ 不燃ごみ 資源ごみ 容器包装プラスチックごみ〕
粗大ごみ収集 なし
※美化センターへの持ち込み。

安心・安全

ハザード・防災マップ -

育児・健康

結婚・育児

子育て関係の独自の取り組み (1)妊産婦医療費助成制度(妊婦出産のために生じた疾病の医療費の助成)(2)任意予防接種費用の助成制度(インフルエンザ、おたふくかぜ、B型肝炎ワクチンの一部助成※生活保護世帯は全額助成)(3)出産子育て応援事業(コーディネーターの配置、産後ケア事業、産前産後子育て応援ヘルパー派遣事業)(4)のみっ子すくすく助成券支給事業(乳幼児の養育者に紙おむつ、粉ミルクを購入できる助成券を支給)
乳幼児・子供医療費助成 通院 対象年齢 18歳3月末まで
自己負担 自己負担なし
所得制限 所得制限なし
保育所入所待機児童数 -

教育

乳幼児・子供医療費助成 公立幼稚園数(国立を含む) -
私立幼稚園数 -
小学校 小学校数 8校
公立小学校1学級当たりの平均児童数 26.90人
中学校 中学校数 3校
公立中学校1学級当たりの平均生徒数 31.30人

※提供データには細心の注意を払っておりますが、調査後に変更がある場合があります。 最新の情報につきましては各市区役所までお問い合わせください。
(データ提供:生活ガイド.com)

page top