home 街ピタ ピタットハウス

住みたい街の暮らしデータ

全国806自治体の「暮らし情報」をお届け!

津市

環境と共生し、心豊かで元気あふれる美しい県都 津市は、旧津市、久居市、河芸町、芸濃町、美里村、安濃町、香良洲町、一志町、白山町、美杉村の10市町村が2006年1月1日に合併して新しくスタートした、三重県の中部に位置する県庁所在都市です。伊勢平野のほぼ中心部にあり市街地が海沿いにある臨海都市で、人口は約28万人と、四日市市に次ぐ県内2位、面積は711.11km2と県内最大です。

● 都市宣言
交通安全都市宣言 青少年健全育成都市宣言 非核・平和都市宣言 人権尊重都市宣言 男女共同参画都市宣言 暴力追放都市宣言 スポーツ・文化都市宣言
● 友好・姉妹・親善都市他
中国・鎮江市 北海道・上富良野町 ブラジル・オザスコ市

基本データ

市区役所所在地 津市西丸之内23-1
公式ホームページURL http://www.info.city.tsu.mie.jp/
総人口 285,746人
人口増減率(2005年/2010年) 99.0%
物産・名産物 津ぎょうざ 小女子 カタクチイワシ 鰻料理 キャベツ 梨 ずいき 伊勢茶 米 木材(杉、檜) イチゴ しいたけ 肉牛 高田仏壇 文具(消せるボールペン) 菓子類(ベビースターラーメン、あずきバー) 清酒(初わらひ、きげんよし、寒紅梅、初日) はんぺん しょうゆ みそ
主な祭り・行事 桜まつり 龍王桜マラソン&ウォーキング大会 高虎楽座 津市物産まつり 射山神社献湯祭 榊原温泉蛍灯 夜がらす祭 やぶねり ざるやぶり神事 津花火大会 宮踊り かんこ踊り 津まつり 霧山薪能 地域消費喚起イベント つ・環境フェスタ 津シティマラソン大会 お七夜 ジャンボ干支 津の街音楽祭 結城梅祭り 榊原温泉お雛さま
出身著名人 谷川士清(国学者・「和訓栞」著者) 川喜田半泥子(陶芸) 川喜田二郎(文化人類学者) 奥田碩(実業家) 吉田沙保里(レスリング) 西岡良仁(プロテニスプレーヤー) 高木勇人(プロ野球選手) 岩出玲亜(陸上競技選手)
市区独自の取り組み 道路建設の排出土や河川の浚渫土を活用した高台防災公園の整備 バイオマス産業都市の指定に基づく木質バイオマス発電事業への支援 中心市街地の公共施設利用者に対する「中心市街地来街感謝券」の配布
ふるさと納税に関する取り組み

住まい・暮らし

公共料金

ガス料金(22㎡使用した場合の月額) 東邦瓦斯:5296円
水道料金(口径20mmで20m3の月額) 津市:2862円
下水道料金(20m3を使用した場合の月額) 津市:1944円
住民票交付手数料 200円

ゴミ・インフラ

家庭ごみ収集 無料
指定ゴミ袋の価格 指定ごみ袋なし
家庭ごみの分別方式 13分別〔可燃ごみ 不燃ごみ 蛍光管・乾電池 容器包装プラスチック その他プラスチック 金属 新聞 雑誌 ダンボール 飲料用紙パック 衣類・布類 ペットボトル ビン〕
粗大ごみ収集 なし
※現在、粗大ごみ収集という名目での収集はなし。

安心・安全

ハザード・防災マップ http://www2.bosai.city.tsu.mie.jp/bousai/

育児・健康

結婚・育児

子育て関係の独自の取り組み 赤ちゃんから小学生までを対象に、親子でふれあい、遊ぶことができる施設「げいのう わんぱーく」を2015年4月から供用開始。広々とした屋外の芝生広場には幼児用遊具や休憩場所等を備え、屋内には天候を問わず大人も子どもも楽しめる大型運動遊具や、授乳やおむつ替えができる赤ちゃんの専用スペースを整備。また週に3回、子育て支援センターを開設し、未就園の子どもを持つ親を対象に保育士が子育ての相談などを受け付けている。
乳幼児・子供医療費助成 通院 対象年齢 小学校卒業まで
自己負担 自己負担なし
所得制限 所得制限あり
保育所入所待機児童数 -

教育

乳幼児・子供医療費助成 公立幼稚園数(国立を含む) 40個
私立幼稚園数 10個
小学校 小学校数 54校
公立小学校1学級当たりの平均児童数 20.80人
中学校 中学校数 25校
公立中学校1学級当たりの平均生徒数 26.50人

※提供データには細心の注意を払っておりますが、調査後に変更がある場合があります。 最新の情報につきましては各市区役所までお問い合わせください。
(データ提供:生活ガイド.com)

page top