home 街ピタ ピタットハウス

住みたい街の暮らしデータ

全国806自治体の「暮らし情報」をお届け!

八尾市

元気をつなぐまち、新しい河内の八尾 八尾市は、大阪府の東部に位置し、JR、近鉄、地下鉄と3つの鉄道が乗入れ、大阪市の中心部から電車で十数分という生活の利便性の高いまちです。都市圏でありながら、高安山をはじめとする豊かな自然と数多くの史跡に恵まれ、自然と歴史の両方の資源によって、うるおいを感じることができる都市です。

● 都市宣言
世界連邦平和都市宣言 交通安全都市宣言 非核・平和都市宣言
● 友好・姉妹・親善都市他
中国・上海市嘉定区 アメリカ・ベルビュー市 大分県・宇佐市 岡山県・和気町 奈良県・五條市 和歌山県・新宮市

基本データ

市区役所所在地 八尾市本町1-1-1
公式ホームページURL http://www.city.yao.osaka.jp/
総人口 271,460人
人口増減率(2005年/2010年) 99.3%
物産・名産物 若ごぼう(葉ごぼう) えだまめ 花き 花木 河内木綿 電気機械器具 金属製品 一般機械器具 歯ブラシ
主な祭り・行事 八尾河内音頭まつり(9月) 常光寺の地蔵盆踊り お逮夜市(毎月11・27日) 恩智神社の夏まつり 勝軍寺の万灯会
出身著名人 河内家菊水丸(河内音頭) 大月みやこ・天童よしみ・清水翔太(歌手) 桑田真澄(野球) ジミー大西(画家) 青木崇高(俳優) 三池崇史(映画監督) 悠浦あやと(OSK歌劇団)
市区独自の取り組み 八尾市市民参画と協働のまちづくり基本条例(2013年度に小学校区を基本単位として「校区まちづくり協議会」が全地域で設置され、地域と行政が協働してまちづくりを考え、ともに行動し、ともにチャレンジをする共創の自治都市づくりとして、「八尾スタイルの地域分権」による暮らし身近なまちづくりを進めている。まちづくりの活性化を図るため、市民、地域、行政、事業者等が、役割を分担して、きめ細やかな施策を展開している。)
ふるさと納税に関する取り組み

住まい・暮らし

公共料金

ガス料金(22㎡使用した場合の月額) 大阪瓦斯:4938円
水道料金(口径20mmで20m3の月額) 八尾市:2721円
下水道料金(20m3を使用した場合の月額) 八尾市:2052円
住民票交付手数料 300円

ゴミ・インフラ

家庭ごみ収集 一部有料
※臨時ごみ(2万円/2トン収集車1台)、粗大ごみ(指定袋に入らないもの400円/点。ただし3辺の長さの合計が3mを超えるもの800円/点。)、リサイクル家電(リサイクル料金と収集運搬料金)。※収集運搬料金は市に依頼される場合のみで2,500円/台。
指定ゴミ袋の価格 無料
家庭ごみの分別方式 8分別〔可燃ごみ 容器包装プラスチック 資源物 埋立ごみ 複雑ごみ ペットボトル 簡易ガスボンベ・スプレー缶 粗大ごみ〕
粗大ごみ収集 あり
※指定袋に入らないもの400円/点。 ただし3辺の長さの合計が3mを超えるもの800円/点。

安心・安全

ハザード・防災マップ http://www.city.yao.osaka.jp/0000025699.html

育児・健康

結婚・育児

子育て関係の独自の取り組み (1)プレママ・親子相談・交流事業(地域での子育て世帯の居場所づくりや子育て支援の充実を図るため、読み聞かせや育児相談などの取り組みを実施。)(2) 赤ちゃんの駅推進事業(子育て中の親子が安心して外出できるようベビーシート等を設置する市内の子育てバリアフリー施設を「赤ちゃんの駅」として登録し、 情報提供。)(3)ママ・サポート事業(出産前・出産後にヘルパーを派遣し、家事・育児支援を行う。)
乳幼児・子供医療費助成 通院 対象年齢 中学校卒業まで
自己負担 自己負担あり
所得制限 所得制限あり
保育所入所待機児童数 19人

教育

乳幼児・子供医療費助成 公立幼稚園数(国立を含む) 19個
私立幼稚園数 7個
小学校 小学校数 29校
公立小学校1学級当たりの平均児童数 25.20人
中学校 中学校数 16校
公立中学校1学級当たりの平均生徒数 29.80人

※提供データには細心の注意を払っておりますが、調査後に変更がある場合があります。 最新の情報につきましては各市区役所までお問い合わせください。
(データ提供:生活ガイド.com)

page top