home 街ピタ ピタットハウス

街情報西川口駅

駅TOPへ戻る

川口マラソンで、鋳物の街を駆け抜けよう!

30年以上続く、川口マラソン
  • 30年以上続く、川口マラソン
  • スタート風景 ハーフ・10㎞はそれぞれ2千人が参加
  • 聖火台レプリカのある陸上競技場からスタート、
  • 2013年は招待選手に谷口浩美氏を迎えて開催

30年以上も続いている川口マラソンには、
市内外から大勢のランナーを迎えます。
種目はハーフマラソン、10㎞、3㎞(中学生以上)、
2㎞(小学生・ファミリー)に別れ、
子どもから大人まで参加できます。

川口市とオリンピックには深い縁があり、
1964年の東京オリンピック聖火台は、
川口の鋳物職人さんが製作したものなのです。
川口マラソンは、その聖火台のレプリカがある
青木町平和公園総合運動場からスタート。
2㎞と3㎞は競技場内を、10㎞とハーフは
市街地を駆け抜けるコースです。

川口店でも出場するスタッフがおり、練習に励んでいます。
あなたも「鋳物のまち、川口」を一緒に走りませんか?!

川口店・芝崎(和)

page top