home 街ピタ ピタットハウス

店舗ブログピタットハウス甲府店

店舗TOPへ戻る

甲斐善光寺

甲斐善光寺
石碑
  • 石碑
  • 山門
  • 金堂
  • 泣き龍
information
住所
山梨県甲府市善光寺336-1
電話番号
055-233-7570

みなさん、こんにちは。ピタットハウス甲府店です。
今回は『甲斐善光寺』を紹介します。

甲斐善光寺は開基武田信玄公が、川中島の合戦の折に信濃善光寺の焼失を恐れ、永禄元年(1558)に御本尊善光寺如来像をはじめ、諸仏寺宝類を奉遷したことに始まります。武田氏滅亡により、御本尊は織田→徳川→豊臣と転々としましたが、慶長三年(1598)信濃に帰座しました。甲府では、新たに前立仏を御本尊と定めて現在に至っています。

七堂伽藍は一度焼失しましたが再建され、東日本最大級の伽藍として広く知られています。また、重要文化財5件、県指定文化財4件、市指定文化財8件をはじめとする文化財の宝庫で、その一部は宝物館などで公開されています。

金堂中陣天井には江戸の希斎という画家による、巨大な龍が2匹描かれています。この部分だけは吊り天井になっていて、手を叩くと多重反響現象によって共鳴が起こります。これを「鳴き龍」と呼びますが、参拝者に親しまれています。

金堂は、善光寺建築に特有の撞木造(しゅもくづくり)とよばれる形式で、高さ27m、総奥行49m。日本有数の木造建築としても有名で、重層建築の山門とともに重要文化財に指定されています。

近隣の街情報

【光】のコーナー

『かいてらす(山梨県地場産業セン ..続きを読む

page top