home 街ピタ ピタットハウス

店舗ブログピタットハウス甲府店

店舗TOPへ戻る

梅の名所『不老園』

梅の名所『不老園』
不老園内案内図
  • 不老園内案内図
  • 名前のいわれ・石碑
  • 見どころ・①
  • 見どころ・②
information
住所
山梨県甲府市酒折34-3
電話番号
055-233-5893

みなさん、こんにちは。
ピタットハウス甲府店です。
今回は梅の名所『不老園』のです。

「不老園」は甲府盆地東部山つきにある東京ドーム1.1倍の広大な山を切り崩し、谷を生かし、池を造り、約2000本の観賞用の花梅木や赤松、桜、南天、つつじ、もみじ、牡丹などが栽培されている梅園です。

樹木や奇岩のあいだに迷路のような遊歩道があって、売店や学問の神をまつる梅天神、登れば富士山や南アルプスを一望できる展望台もあります。高台から西へ下れば、大正時代に建立された湖畔の庵「長生閣」や「喜楽庵」「逍遥の池」など、落ち着いた趣の日本庭園があります。

不老園は明治30年、甲府市内に住む呉服商の七代目奥村正右衛門が別荘として開園したもので、全国を行脚して、特に九州地方から紅梅、小梅、夫婦梅、ブンゴ梅などを持ち帰ってはこの園に植えたそうです。

庭づくりに専念することおよそ30数年。晩年は自然を友として送り、大正13年に86歳で生涯を閉じました。園は5人の子息によって受け継がれましたが、恒久的な維持を図るために、昭和40年に財団法人「奥村不老園」となり、平成26年からは一般財団法人「奥村不老園」として運営されています。

page top