home 街ピタ ピタットハウス

店舗ブログピタットハウス甲府店

店舗TOPへ戻る

平山郁夫シルクロード美術館

平山郁夫シルクロード美術館
外観
  • 外観
  • 石仏展示室
  • 絵画展示室
  • 画伯のアトリエ(再現)
information
住所
山梨県北杜市長坂町 小荒間2000-6
電話番号
0551-32-022

こんにちは、ピタットハウス甲府店です。
今回は「平山郁夫シルクロード美術館」の紹介です。

平山郁夫画伯がシルクロードに足を踏み入れたのは1966年、消失した法隆寺金堂壁画の再現模写のメンバーに選ばれたことをきっかけに、その源流といわれるアフガニスタンのバーミヤン石窟寺の壁画を訪問しました。以降、中国〜中央アジア〜西アジア諸国を取材し、仏教伝来の源流を訪ね巡った旅が最初でした。

日本文化の源流を求めて歩き出した道は、文明が行き交っただけでなく、仏教が伝播した道でもあり、現在シルクロードと呼ばれる道でした。以来40年、平山郁夫のシルクロードの旅は続きました。シルクロードは東西の交易の路であるとともに、それぞれの文化交流の道でもありました。その道なき道には、文化の繁栄を支えた人びとの想いが深く刻まれています。

平山画伯は、そうした名もない人びとの想いの積み重ねが文明や歴史を形づくると考えて、荒れ果てた砂漠や遺跡に人間の痕跡を探し求め、シルクロードに取材した作品を繰り返し描きました。「仏教伝来」をはじめ、「玄奘三蔵への道」「アレクサンダーの道」「大シルクロード」など、シルクロードと関わり深い作品を数多く残していますが、日本の文化と誇れるもののほとんどは、多くの国々の恩恵を受けたものであることを忘れてはなりません。

page top