home 街ピタ ピタットハウス

袋井市の暮らしデータ(公共料金/子育て/教育) 袋井市の暮らしデータ(公共料金/子育て/教育)

全国806自治体の「暮らし情報」をお届け!

袋井市

活力と創造で 未来を先取る 日本一健康文化都市 袋井市は、2005年4月1日に旧袋井市と旧浅羽町が合併して誕生しました。豊かに広がる田園地帯と美しい茶畑、太田川や原野谷川、南には遠州灘があるなど自然環境に恵まれています。また、江戸時代においては、東海道五十三次の27番目の「どまん中」の「宿場宿」として栄え、「遠州三山」をはじめとする古刹など、歴史・文化的資源、さらには四季を彩る花の名所など観光資源も豊かなまちです。

● 都市宣言
日本一健康文化都市宣言 核兵器廃絶平和都市宣言
● 友好・姉妹・親善都市他
山梨県・北杜市 宮城県・岩沼市 長野県・塩尻市 アメリカ・ヒルズボロ市

基本データ

市区役所所在地 袋井市新屋1-1-1
公式ホームページURL https://www.city.fukuroi.shizuoka.jp/
総人口 85,789人
人口増減率(2010年/2015年) 101.1%
物産・名産物 温室メロン(クラウンメロン等) 茶 米 たまごふわふわ 袋丼 遠州おはたき肉巻き
主な祭り・行事 ふくろい春のお茶まつり エコパグルメスタジアム 遠州三山風鈴まつり 法多山ほたるまつり 可睡ゆりの園 法多山万灯祭 山梨祇園祭り 袋井夏まつり ふくろい遠州の花火 油山寺百万遍 可睡齋奥之院不動尊大祭 袋井まつり 梅山八幡神社の稚児流鏑馬 全国だんごまつり 袋井クラウンメロンマラソン 秋葉の火祭り 富士浅間宮田遊祭 法多山田遊祭 袋井市駅伝大会 東海道五十三次どまん中ふくろいウオーク 可睡齋ひなまつり
出身著名人 川村驥山(書家) 鳥居信平(農業土木技術者) 浅羽佐喜太郎(医師) 松原健之(歌手) 池田千尋(映画監督) 浦野博司(プロ野球選手、北海道日本ハムファイターズ) 加藤宏隆(声楽家) 鈴木輝彦(将棋棋士) 丸野綾子(タンゴピアニスト)
市区独自の取り組み 袋井市防犯まちづくり条例(犯罪を防止し安全で安心なまちづくりを進めていくためには、市民一人ひとりが防犯に対する意識を持って、犯罪を起こさない環境づくりに取り組む) 袋井市日本一健康文化都市条例(市民、地域団体、事業者、市議会、市が協働でまちづくりに取り組むための基本的なルールを定めたもの) “健康運動サポーター”や“健康教室”など、「日本一健康文化都市」の実現に向けた、市民・地域主体の健康づくりへの取組 袋井市特産品「クラウンメロン」の海外輸出
ふるさと納税に関する取り組み

住まい・暮らし

公共料金

ガス料金(22㎡使用した場合の月額) 静岡瓦斯:5332円,袋井ガス:4984円
水道料金(口径20mmで20m3の月額) 袋井市:3108円
下水道料金(20m3を使用した場合の月額) 袋井市:1983円
住民票交付手数料 300円
※証明書発行窓口:本庁窓口・支所窓口、自動交付機(夜間、土日祝日でも利用可能。利用には市民カードが必要)、コンビニ交付(マイナンバーカードが必要)はいずれも300円。

ゴミ・インフラ

家庭ごみ収集 無料
※家庭ごみ(可燃ごみ、資源ごみ・埋立ごみ)の収集は指定ごみ袋があるが、処理費用は加算されていない。ごみ処理施設への直接搬入は有料。家庭から出た引っ越しごみ等の戸別収集は、許可を持つ民間業者が有料で行う。
指定ゴミ袋の価格 市場価格 ・可燃ごみ 大(30リットル相当)=180円/20枚 小(20リットル相当)=90円/20枚(税込)
家庭ごみの分別方式 3分別16種〔可燃ごみ 資源ごみ(アルミ缶、スチール缶、スプレー缶・ガス缶、白びん、茶びん、その他びん、金物・小型電化製品、プラスチック製容器包装、革製品・その他プラスチック・スポンジ等、ペットボトル、食用油、乾電池、蛍光管) 埋立てごみ(がれき類、ライター)〕
粗大ごみ収集 あり
※有料。行政収集(直営、委託)ではなく、収集運搬許可をもつ民間業者による。

安心・安全

ハザード・防災マップ http://www.city.fukuroi.shizuoka.jp/kurashi/kurashi_tetsuzuki/bosai_anzen/bosai/map/index.html

育児・健康

結婚・育児

子育て関係の独自の取り組み (1)子育て短期支援事業[ショートステイ](保護者の疾病や疲労など身体・精神上の事由、親族の介護など家庭養育上の理由、冠婚葬祭社会的な事由により、一時的に家庭での児童養育が難しい場合、児童養護施設に短期入所できる制度)。(2)子育て支援センター(子育て支援センターの無い地域でコミュニティセンター等を使った巡回型の子育て支援事業を実施)。(3)ふくろい子育て応援ナビ「フッピーのぽっけ」(市内子育て支援センターのイベント把握や子どもの予防接種一元管理、子育て日記登録等ができるアプリ)。(4)BPプログラム(初めて子育てする母親向け育児講座)。(5)おやこ保健室(子育て支援センターでの健康講座・相談)。
乳幼児・子供医療費助成 通院 対象年齢 18歳3月末まで
自己負担 自己負担あり
所得制限 所得制限なし
保育所入所待機児童数 58人

教育

乳幼児・子供医療費助成 公立幼稚園数(国立を含む) 14個
私立幼稚園数 1個
小学校 小学校数 12校
公立小学校1学級当たりの平均児童数 23.40人
中学校 中学校数 4校
公立中学校1学級当たりの平均生徒数 28.00人

※提供データには細心の注意を払っておりますが、調査後に変更がある場合があります。 最新の情報につきましては各市区役所までお問い合わせください。
(データ提供:生活ガイド.com)

page top