home 街ピタ ピタットハウス

店舗ブログピタットハウス南郷7丁目店

店舗TOPへ戻る

境界線について

いつもご覧頂きありがとうございます。

ピタットハウス南郷7丁目店のNです!

今回は敷地の境界線についてお話です。

隣の建物の木が住んでいるアパートやマンションの敷地まで伸びてきている!

とても邪魔だな〜と思ったことはありませんか??

邪魔だからといって勝手に切っては近隣トラブルの元となります。

民法233条第1項に

「隣地の竹木の枝が境界線を越えるときは、その枝を切除させることができる。」

と定めています。

つまり、隣の庭先から伸びてきた枝が自分の敷地にまではみ出ている場合は、

敷地の所有権が侵害されていることになりますから、

木の所有者にはみ出している枝部分を「切除させる」ことができるわけです。

あくまでも、「切除させる」ことができるだけですから、

相手方に無断で枝を切ってしまうことは出来ません。

相手方がどうしても切除に応じなければ、裁判手続きを経て強制執行することになります。

もっとも、どのような場合でもはみ出した枝の切除を要求できるかと言うとそうではありません。

裁判例によると、枝がはみ出していることにより落葉被害などの何らかの被害が

生じていたり何らかの被害が生ずる恐れがあることが要求されています。

車などに枝が当たりそうだなと思うときは隣の持ち主の方に相談してみてはいかがでしょうか。

今回は以上です。

それでは!!

page top