home 街ピタ ピタットハウス

街情報太宰府駅

駅TOPへ戻る

「三国志」の世界へいざ!

ピタットハウス下大利店の吉原です。

九州国立博物館で行われている特別展「三国志」へ行ってまいりました!
中国史の中で一番有名な三国志。
好きな時代なのでとてもワクワクしました(*^-^*)
最初に張飛の槍と一緒に記念撮影。
大きいです(;゜Д゜)
こんなのを振り回していたのなら、よっぽどの大男だったんでしょうね。

入口では、関羽像がお出迎えしてくれます。
三国志初心者でも時代背景や
三国の特色で左思の「三都賦」
恵みの蜀 賑わいの呉 厳かなる魏
と特徴が説明されており、
その時代に活躍した武将の簡単なプロフィールもあり、
わかりやすかったです。

私が一番印象に残ったのは
「赤壁の戦い」の10万本の矢のエピソードと思わせる
お部屋が好きでしたヾ(≧▽≦)ノ
ご存じない方は、小説や映画を見てみてくださいね!

2009年に曹操の墓を発見!
その墓をイメージしたお墓があり、そこもまたよかったです。
中国国外初らしいです!
私の印象ですが、意外に地味(—_—)!!
曹操のイメージは良くも悪くも俺様キャラなので、ゴージャスなのかと・・・。

お土産売り場には、
孔明の扇や横山光輝さんのイラストの一筆箋やTシャツなどが
クスっと笑えます。

私は曹操が劉備に英雄論を語るシーンのクリアフォルダーを買ってしまいましたよ(^-^;
最後のお土産売り場まで楽しめる「三国志」展は1月5日までです。

ぜひ乱世の英雄たちに会いに行ってみてくださいね(*^-^*)

page top