home 街ピタ ピタットハウス

街情報北12条駅

駅TOPへ戻る

旧札幌農学校校舎

北海道大学キャンパス内にある旧札幌農学校校舎をご紹介します。
北海道大学の前身で1872年3月東京芝増上寺内に設けられた北海道開拓使仮学校が源流です。
75年7月札幌に移り,76年8月 W.S.クラークを教頭に迎えて札幌農学校として開校されました。
クラークの感化もあって内村鑑三,新渡戸稲造らを輩出したが,1907年東北帝国大学の農科大学となり
18年に創設された北海道帝国大学創設の母体です。
札幌農学校時代の昆虫学養蚕学教室が「旧札幌農学校校舎」として札幌・ふるさと文化百選に選定されており、いまも北9条西8丁目、北海道大学構内に残されています。
1901年に建てられたこの校舎は北海道大学内に残る最古の校舎で、
緑あふれる北大構内にも馴染む緑色の屋根と白い壁が印象的なこの建物ですが、竣工当時は瓦葺きの屋根だったそうです。

付近にはその他にも、旧図書館読書室や書庫など農学校時代の建物も多く残っています。
平成12年(2000年)には国の登録有形文化財に選定されました。

page top