home 街ピタ ピタットハウス

街情報太宰府駅

駅TOPへ戻る

麒麟がいた!

大河ドラマ「麒麟がくる」毎週見ている下大利店の吉原です。
麒麟とはそもそも、何なのか?
太宰府天満宮をぶらっと歩いて解き明かします!

ドラマでも説明があってましたが、麒麟は平和な世の中を連れてくる聖獣なのです。
その聖獣・麒麟のオブジェが太宰府天満宮にあります。
御手水の近くです。

明治の代になりトーマス・グラバーが太宰府天満宮を訪れたときに
この麒麟を大層気に入り、
自分の邸宅に像を造ったらしく
日本でビールを作る時に、
麒麟のラベルを採用し、キリンビールとしたそうです。

この知識はグラバー園のガイドさんから聞いたものと、本で読んだものですが、
なにせ、10年以上前の記憶のため、曖昧です。
ご了承くださいm(__)m

こんな感じで知識を総動員しながら、現地に行くことが私の楽しみです♪
もちろんキリンビールを飲みながら麒麟をラベルにしたグラバーさんのことを考えながら飲むのも楽しみ。
太宰府天満宮に行くとお参りして終わりという人も多いですが、
ぜひ麒麟も探してみてください。
楽しみが増えていきますね(*^^*)

今は外出自粛なので出歩けるようになったら行ってみてくださいね(^_^)/

page top