home 街ピタ ピタットハウス

街情報北18条駅

駅TOPへ戻る

ウィリアム・S・クラーク像

「Boys be ambitious」(少年たちよ、大志を抱け)
こちらの言葉を残したウィリアム・S・クラークは札幌農学校の教頭として
来日し、教育に大きな功績を残した人物です。

今は札幌農学校は北海道大学として名前を変え、若者たちの教育を支えておりますが
その礎がこちらのクラーク博士であり、その多大なる功績を称え、大正15年(1926年)大学創基50年の
記念事業として田嶋硯郎の手によって制作されました。

冒頭の言葉は、札幌農学校1期生との別れの際に発せられた言葉として
言われており、今もなお語り継がれている有名な言葉です。

page top